スキャルピング

FXのインジケーターとは?その意味は?代表的な種類についても解説

FX取引をする際に頼りになるのがインジケーターになります。と言われて頭の中に「??」がいっぱい沸いた人もいるかも知れませんね。今回はFX取引をする上で無視できないインジゲーターについて触れていきたいと思います。FX初心者の方は、特に最後までご覧くださいませ。

FX取引におけるインジケーターとは?

FXのデモトレードや実際のトレードをしていると、為替チャートに赤だったり青だったり黄色だったりガイドのような線が表示されていますよね?
端的に言ってしまいますと、これがオシレーターになります。

このオシレーター、大きく分けて2種類が存在します。

名前だけは聞いたことあるぞ!と言う人も多いのではないでしょうか?
一つ目は、移動平均線やボリンジャーバンドなどを含むトレンド系インジケーターです。

そして、もう一つがオシレーター系インジケーターとなります。

トレンド系インジケーターについて

前述の通りとなりますが、移動平均線やボリンジャーバンドなどがそれに該当します。

例えば、一番代表的なインジケーターにあたるのが、この移動平均線。
移動平均線はローソク足を平均化し慣らした線になります。
基本的には短期線・中期線から成り立ちます(場合によっては長期線も含めた3つの線になります)。

移動平均線で一番分かりやすいのが、ゴールデンクロスとデッドクロス。
短期移動平均線が長期移動平均線を下から上へ追い抜かす動きを見せた場合、これをゴールデンクロスと呼び、買いのサインになります。

対してデッドクロスは、短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に追い抜かす動きの事を指し、売りのサインとなるのです。

トレンド系の動きの場合、ゴールデンクロス・デッドクロスを試してみてください。
その通りに動くことが結構ありますよ!
※もちろん、常に必ずその通りに動くわけでもないこと、注意しておきましょう。

オシレーター系インジケーターについて

そもそも、オシレーターには「振り子」と言う意味があります。

それをイメージしてもらうと分かりやすいと思うのですが、オシレーター系のインジケーターは、相場が買われ過ぎだよ!or売られ過ぎだよ!だからそろそろ振り戻しがあるかもしれないよ!!と言ったことを喚起してくれるインジケーターになります。

オシレーター系のインジケーターの代表格には、MACD(マックディー)などがあります。

こちらも、絶対にインジケーターの通りの相場になるわけではありません。
時と場合により、トレンド系・オシレーター系を組み合わせ、上手に相場を読めるようになりましょう。      
初心者に選ばれている定番FX口座を比較
外為オンライン

外為オンライン

DMMFX

DMMFX

FXブロードネット

FXブロードネット

口座開設数
二重丸-橙

約53万口座

二重丸-橙

約70万口座

三角-青

約17万口座

手数料のやすさ
(スプレッド)
丸-青

スキャルピングドル/円 1.0銭 原則固定

二重丸-橙

ドル/円 0.2銭

二重丸-橙

ドル/円 0.2銭

サポート体制
二重丸-橙
丸-青
三角-青
初心者向け度
二重丸-橙
丸-青
丸-青
キャッシュバック

最大150,000円

20,000円

最大20,000円

公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら
閉じる
FX会社人気ランキングを見る
初心者に大人気!
外為オンライン